委員会活動

 

2017 健康フェスタ・食育フェスタ エスフォルタアリーナ八王子

  • 連日5月とは思えない暑い日が続く中、エスフォルタアリーナ八王子で2017健康フェスタ・食育フェスタが開催されました。厚生委員会のメンバーとして開会式に参加むしました。
  • 主催者の挨拶の後、開会式に参加している全員でいきいきけんこう体操をやりました。指導者の動きに合わせて楽しい開会式になりました。清水小学校ブラスバンド部とと甲ノ原中学校吹奏楽部の合同演奏は、両校児童生徒のすばらしい演奏に会場から大きな拍手が長く続いていました。
  • 限られた時間の中で、東京高専情報工学科知識情報研究室の頭の体操を体験しました。タブレットに現れる絵や写真を覚えて、次の画面で表示されないものは何かを考えるもので、単純でなかなか覚えられない自分にイライラしてきました。八王子市医師会の肺年齢測定では、結果は実連玲プラス16歳でした。静かにブースを離れました。東京都薬物乱用防止推進八王子地区協議会には、知り合いの保護司の方々が市民に防止を訴えていました。八王子市赤十字奉仕団のブースは、片倉町、小比企町、万町、緑町の日ごろ大変おせわになっている人々にお会いすることができました。

3月4日 八王子市立看護学校卒業式 

  • 市立看護学校第15期(生徒35名)の卒業式が館町の看護学校体育館で行われました。厚生委員会の委員として式に参列しました。
  • 卒業生のうち25名が市内の病院等に就職が決まり、5名が市外の医療関係施設に、2名が進学するそうです。卒業する人ね進学する人目標を持って自分の道を進んでください。

 

平成29年1月7日 八王子いちょうの会 新年会

  • 社会福祉法人 八王子いちようの会(理事長 崎田京子さん)の新年会が、7日土曜日の午前11時半から、京王プラザホテルで行われました。
    法人本部、いちょう工房東浅川、みらい、虹、そら、ゆぎ、ぎんなんの家、グロープホームアイビー、ショートスティふ・ふ・ふの利用者の皆さんと職員の方々、保護者のみなさんが参加した新年会でした。
  • 第一部の式典の後の第二部では、各事業所ごとにたのしい歌や踊りが披露されました。カラオケ大会では、利用者が時間の許す限り自慢の歌を熱唱してました。3時間の新年会は暖かい雰囲気の中で進んでいました。
  • 職員の方は新年会でしたが、利用者の方々へのケアのためにアルコールは自宅に帰ってから、楽しむと言っていました。ご苦労様です。

 

12月24日 圏央道八王子西インターチェンジ関越道方面開通

  • 八王子市と中日本高速道路株式会社八王子支社で事業を進めてきた首都圏中央連絡自動車道(圏央道)八王子西インターチェンジの関越道方面出入口工事が、完成する運びとなり、2016年12月24日午後3時からご利用できることとなりました。開通に先立ち午前10時半から開通記念式典が同インターチェンジで執り行われました。
  • 整備により期待できる効果
    産業の活性化への支援
    高速道路ネットワークとの連携強化により、広域的な移動の利便性が向上するため、IC周辺の産業活動がより活性化することが期待されます。
    広域防災機能の強化
    八王子市と圏央道沿線の姉妹都市・中核市の相互応援体制の強化や、病院施設との連携が可能となり、救援物資等の搬入出路として地域の防災機能が更に向上します。
    高速道路の利便性向上
    関越道方面の開通により、IC間距離が短縮され、更に八王子西部地域からの埼玉方面への利用可能圏域が拡大し、交通の利便性が向上します。
    経緯

    2007年6月23日 中央道方面のハーフインターチェンジとして圏央道「八王子西インターチェンジ」開通。
    2013年6月11日 関越道方面へのアクセスを可能とする連結許可を取得。
    2015年6月25日 起工式を開催
    2016年8月29日 関越道方面のIC名称を「八王子西インターチェンジ」に決定
    2016年12月24日 関越道方面開通

 

11月5日 戴帽式 八王子市立看護専門学校

  • 看護教育課程において一定の科目を履修した看護学生は、看護師のシンボルであるナースキャップを戴くことが出来ます。この儀式を戴帽式と呼び、看護学生は一人ひとりナースキャップを頭に戴き、ナイチンゲール像のキャンドルから灯を受け継ぎます。戴帽式はもともと西洋において修道女が自分の一生を神に身を捧げる誓いをたてる儀式の際に、いばらで作った冠を被っていたことを手本に、ヨーロッパやアメリカの看護師養成所もこのような儀式取り入れたことが始まりです。看護学生はキャップを戴きながら、「病める人々に対して自分に出来ることは何か」「自分はどんな看護師になりたいのか」を問い直し、それぞれの胸に新たな決意を抱きます。真っ白な白衣とナースキャップを身に着けた看護学生が順番にキャンドルの灯を受け継ぎ、ナイチンゲール誓詞を朗読する様子はとても幻想的で、看護学生たちは実際にこの日を迎えられることを待ち望み、日々の学業に励んでいます。
    しかし、現在では看護師のシンボルであるナースキャップを着用することは義務付けられてはおらず、戴帽式を行わない看護学校・看護大学あります。ナースキャップの着用の義務付けがされなくなった背景には、2004年の法改正により、男性を看護士、女性を看護婦と呼ぶような性別による呼び名の区別をなくし、「看護師」という呼び名に統一されたことが関係しています。昔から戴帽式では男性看護士もナースキャップを戴きますが、実際に職場でナースキャップを着けるのは女性の看護婦だけで、この状況が職業差別に繋がるおそれがあることとしてこれ以前から問題視されていました。また、白衣に比べるとクリーニングに出す頻度が少なくなりがちなナースキャップはしっかりと糊づけされているため、その糊が原因でさらに細菌繁殖が進み不潔になりやすいという面や、狭いベッドサイドで仕事をする際にナースキャップが点滴や各種のチューブ類にぶつかって危険という面からもナースキャップは不要であるという考え方が今では一般的となりました。
    このような時代の流れの中でもなお戴帽式を行う看護学校・看護大学が存在している理由は、戴帽式は単にナースキャップを戴くというだけではなく、近代看護の生みの親であるナイチンゲールの精神を受け継ぐという意味を持つからです。医療の対象は「病める臓器、病める人体ではなく、病める人間、悩める人間である。」というナイチンゲールの精神は、100年以上も経った現在の看護教育の場にもこのような形で深く根ざしていると言えます。(出典:看護師専用ハウツーサイトから)
  • ナイチンゲール誓詞
    私は、私の生涯を清く過ごし、私の任務を忠実に行うことを、ここに集う人々の面前で、厳かに神に誓います。私は、どんなものも毒あるもの害あるものは一切絶ち、有害な薬はどんなものも用いることなく、また、知っていながらこれを人に与えることは致しません。私は、私の任務の標準を維持し、高めることに全力で努めます。私は、任務に当たって私が取り扱った人々の個人的な情報のすべて、職業上知り得た一家の私的事情のすべてを、人に漏らすことは致しません。私は、誠実に仕事上の医師を助け、私の手に託された人々の幸せのために身を捧げます。

 

9月13日 第3回定例市議会 厚生委員会

  • 審査事項
    (1)付託議案審査
    ア. 第80号議案 平成28年度八王子市一般会計補正予算(第3号)について -厚生委員会所管分-
    イ. 第81号議案 平成28年度八王子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
    ウ. 第82号議案 平成28年度八王子市介護保険特別会計補正予算(第1号)について
  • 以上3件を議題としまして、市側の説明→質疑→意見→採決の順序で審議を行いました。採決の結果原通りに可決しました。

 

6月16日 第2回定例市議会 厚生委員会

  • 審査事項
    (1)付託議案審査
    ア、第67号議案 平成28年度八王子市一般会計補正予算(第1号)について -厚生委員会所管分-
    イ、第70号議案 八王子市民生委員定数条例の一部を改正する条例設定について
  • 報告事項
    (1)ひとり親家庭支援情報メールマガジン配信サービス「はち☆エール」の実施について 子ども家庭部
    (2)八王子市シルバー見守り相談室中野の開設について                福祉部

 

人口減少・高齢社会対策特別委員会 行政視察 トピックス

  • 5月18日と19日の2日間、愛媛県の事業と愛媛県松山市の事業を視察してきました。
    愛顔(えがお)の婚活サポート事業は、少子化の主たる要因である未婚化・晩婚化に対応するために、平成20年11月に「えひめ結婚支援センター」を開設しました。センターでは、企業・団体やボランティア等と連携しながら、結婚を希望する独身男女に出会いの場を提供しています。センターの運営は、県から委託を受けた「一般社団法人愛媛県法人会連合会」が行っています。これまでに、9,494組のカップルが誕生し、630組が結婚報告があります。(27年度末まで)
  • いきがい交流センターしみずは、四国で初めて小学校の余裕教室を活用し設立された複合施設です。
    学校の余裕教室を活用し、高齢者に対し社会的孤立感の解消や心身機能の維持向上を図るため「友遊しみず」や「シニアライフ講座」等の事業を実施し高齢者福祉の向上にあたっています。また、福祉、教育等関係機関の連携のもと、松山市民、特に清水地区を中心としたエリアに居住し活動する方々の主体的運営による福祉、文化、レクリエーション等の学習及び相互扶助実践を通じて、福祉・学習コミュニティの形成と融合を推進する拠点であります。小学校内に6歳から90歳までが集えっているところでした。

 

3月16日 厚生委員会

  • 3月16日の午後3時半から午後6時まで厚生委員会が開催され、請願審査と報告事項の2件がありました。
  • 付託請願審査
    請願第2号 2016年度国民健康保険税の値上げ中止等を求める請願
    請願を書記朗読⇒紹介議員の説明⇒質疑⇒市側の説明⇒質疑⇒意見⇒採決の流れで審査を行いました。採決の結果請願は棄却されました。
  • 次に報告事項
    病後児保育室「どるふぃん」の廃園について

 

3月15日及び16日 予算等審査特別委員会厚生分科会

  • 厚生分科会が15日は、午前10時から午後4時まで行われました。16日は午前10時から午後3時まで以下の審査を行われました。
  • 一般会計歳入歳出予算及び関連議案
    第16号議案 平成28年度八王子市一般会計予算について(所管分)
    第50号議案 八王子市幼保連携型認定こども園の学級の編制、職員、設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例設定について
    第51号議案 障害のある人もない人も共に安心して暮らせる八王子づくりの条例の一部を改正する条例設定について
  • 各特別会計歳入歳出予算及び関連議案
    第17号議案 平成28年度八王子市国民健康保険事業特別会計予算について(職員費を除く)
    第52号議案 八王子市国民健康保険条例の一部を改正する条例設定について
    第18号議案 平成28年度八王子市後期高齢者医療特別会計予算について(職員費を除く)
    第19号議案 平成28年度八王子市介護保険特別会計予算について(職員費を除く)
    第53号議案 八王子市介護保険条例の一部を改正する条例設定について
    第20号議案 平成28年度八王子市母子・父子福祉資金特別会計予算について

 

3月5日 八王子看護学校 卒業式

  • 平成27年度 八王子市立看護専門学校看護学科の卒業式に厚生委員会委員として出席しました。 午前10時から、当学校講堂で開会の辞、卒業生入場、今年は38名の卒業生でした。国歌・校歌斉唱のあと卒業生日ひとり一人に山崎昇校長から卒業証書が渡されました。
  • 石森市長や福安議長の挨拶の後に、東京医科大学八王子医療センター副院長の池田寿昭さんと同じく八王子医療センターの看護部長の鳥羽真弓さんから祝辞がありました。在校生からの送辞、卒業生からの答辞に続き、仰げば尊し及び蛍の光の斉唱があり、ハンカチで涙を拭う卒業生もいました。
  • 看護師の国家試験の発表は3月25日との事でした。卒業生が新しい職場できめ細かい看護や医療にかかわれるようみんなで応援したいものです。4月2日は、あたらしい生徒を迎えての入学式があります。

 

2月29日 厚生委員会

  • 以下のものを付託議案審査しました。(午前10時から午後2時30分)
  • 第26号議案.平成27年度八王子市一般会計補正予算(第3号)について 厚生委員会所管分
    第27号議案.平成27年度八王子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について 厚生委員会所管分
    第28号議案.平成27年度八王子市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について 厚生委員会所管分
    第29号議案.平成27年度八王子市介護保険特別会計補正予算(第2号)について 厚生委員会所管分
    第30号議案.平成27年度八王子市母子・父子福祉資金特別会計補正予算(第1号)について
    第36号議案.八王子市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例設定について
    第37号議案.八王子市指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例設定について
    第38号議案.八王子市指定域密着型サービス等の事業の人員、設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例設定について
    第39号議案.八王子指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防サービス等に係る介護予防のための効果的な支援の      方法の基準に関する条例の一部を改正する条例設定について
    第40号議案.八王子市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のた      めの効果的な支援の方法に関する条例の一部を改正する条例設定について
    第42号議案.東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更について

 

平成28年2月15日 厚生委員会 

  • 報告事項 開会10時から12時05分
  • (1) 八王子市介護予防・日常生活支援総合事業の開始  福祉部
  • (2) 東京都後期高齢者医療保険料の改定について    医療保険部
  • (3) 八王子市不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成額の一部引き上げについて 健康部

 

11月7日 戴帽式 八王子市立看護専門学校

  • 戴帽式(たいぼうしき)は、看護学校、看護系大学で看護師を目指す学生たちが、初めての病院実習に臨む直前に、教員が、学生一人一人にナースキャップを与え、看護師を目指すものとしての職業に対する意識を高め、またその責任の重さを自覚させるための儀式。通称、キャッピング(戴帽)ともいう。ナースキャップをつけてもらった戴帽生(たいぼうせい)が、ナイチンゲール像から灯りを受け取り、そのキャンドルの明かりの中でナイチンゲール誓詞を朗読するというのが、一般的な内容であります。
  • 八王子市立看護専門学校第16期は39名(内男性7名)が静寂の中、凛とした式典に臨みました。校歌斉唱、山崎昇校長の式辞に続き、戴帽の儀厳かに執り行われました。市長や議長、実習を受持つ八王子医療センターの副センター長、南多摩病院の看護部長からの祝辞があり、厚生委員会所属の市議会議員等の紹介がありました。昨年の同時期に戴帽式を行った在校生代表による戴帽によせての言葉がありまして、午後11時過ぎに戴帽式は終了しました。

 

厚生委員会 視察(平成27年10月20日~22日)

  • 金沢市児童相談所は、平成18年4月、中核市として初めて横須賀市と同時に設立されました。教育・福祉・保健の部局を超えた連携により、子どもと子育てに関する総合的な相談・支援体制を構築し、児童福祉の充実を図るために、児童相談所も含めた「こども総合相談センター」の運用を始めています。児童相談所の運営費用は、年間約12億円であり、金沢市の負担は約8億円、国庫支出金は約4億円でした。
  • 東大阪市の認知症施策については、サポーターの養成の取り組みを平成17年から行いH27年6月末現在、2万人になっています。小・中・高校生への啓発事業を行い、一人でも多くの方に人にやさしい街づくりを推進しています。SOSオレンジネットワークでは、市内の特徴ある事業者が製作する特殊シールを使い、市内の公共機関や企業、介護事業所などが連携し、俳諧する高齢者を早期に保護できるようサポートするシステムを作り上げています。
  • 豊中市では、コミュニティソーシャルワーカーの役割を伺いました。豊中市社会福祉協議会に14名が、市内41小学校区全域に結成されている校区福祉委員会と連携して、地域の問題をお住まいの市民と相互に協力しながら問題解決に当たっています。校区の中には福祉なんでも相談ができるシステムを構築しています。校区では、高齢者の見守り、食事サービス、子育てサロン等が実施しています。社会福祉協議会が市民と協働で数々の福祉事業を推進しています。

 

 

9月28日 決算審査特別委員会厚生分科会

  • 第90号議案 平成26年度八王子市一般会計歳入歳出決算認定について、第91号議案 平成26年度国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、第92号議案 平成26年度八王子市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、第93号議案 平成26年度八王子市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての議案について質疑がありました。
  • 八木下てるいちは、保護司と八王子市の関係、青少年の健全育成、地域福祉計画の推進、保育料の不納欠損、児童虐待の状況、一人親の自立促進老人クラブの育成、薬物乱用防止等の質問を行いました。
  • 質問を通じてさらに市民サービスの充実を要望しました。

 

9月27日 決算審査特別委員会総括質疑

  • 平成26年度八王子市一般会計歳入歳出決算認定等の質疑が行われました。八木下てるいちは、自民党新政会2人目で質問をしました。
  • 1.市税収入について2.災害対策について3.災害時における応急復旧体制について4.町会・自治会加入促進について5.外国人のための防災訓練についてを題目で実施しました。
  • 1は50万人以上の市では、八王子市が市税の収入率は1位、2以降は防災対策や減災対策について具体的な答弁がありました。

9月21日 市民ボランティア豪雨被災の日光

  • 八王子市社会福祉協議会(会長室岡喜代二)の職員2人と市民ボランティア22人が栃木県日光市猪倉地区へ被災住宅の清掃等に出発しました
  • 当日、午前5時半に市役所本庁正面玄関前に集合しまして、菊谷文男社会福祉協議会常務理事の激励の挨拶、八木下市議も怪我をしないでくださいと挨拶をさせてもらいました。参加者全員で記念撮影を行い、バスに乗車しました。
  • 八王子市役所を午前5時45分に出発して、3時間かけて午前9時から午後3時までの清掃作業を実施しまして、午後8時に八王子に帰る予定です。

 

 

厚生委員会 (9月14日開催)

  • 審査事項
    (1)付託議案
    ア. 第78号議案 平成27年度八王子市一般会計補正予算(第1号) -厚生委員会所管分-
    イ. 第79号議案 平成27年度八王子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
    ウ. 第80号議案 平成27年度八王子市介護保険特別会計補正予算(第1号)について
    エ. 第84号議案 八王子市学童保育所条例の一部を改正する条例設定について
  • 報告事項
    (1) 高齢者あんしん相談センター大横の運営受託候補者の決定について            福祉部から
    (2) 介護予防・日常生活支援総合事業の実施内容について               福祉部から
    (3) 高齢者インフルエンザワクチンの変更に伴う委託料単価及び接種者自己負担金額の変更について     健康部から 
    (4) 「うちの子ノート」(愛犬手帳)の配布について                    健康部から
    (5) 「(仮称)認定こども園の認定の要件に関する基準条例」の制定に係るパブリックコメントの実施について 子ども家庭部から

厚生委員会(8月25日開催)

  • (1)八王子市障害者施設ましごとカタログの作成及び配布について 福祉部から
  • (2)障害がある方のための防災マニュアルの作成及び配布について 福祉部から
  • (3)ヒトパピローマウィルス感染症予防ワクチン接種後の症状に対する支援の実施について 健康部から
  • (4)子育てしやすいまちの推進について            子ども家庭部から